K.orihashiの日記。

主にレース後記として。練習記録も書いてゆきます。

クロス練

今日は久々に小貝川へ。


f:id:chrmnr:20181201223951j:plain


12月なのに半袖短パンでもいけそうなくらい、暖かい。


考えてみれば自分は基礎的な練習をしたことがほとんどない。

感覚に頼るのもいいんだろうけど、基礎を知った上で走っているかどうかがそもそもにないと、この先(今も)バイクの進ませ方で躓いたとき頭の中がはてなだらけになってしまって、先に進めなくなりそう。


トップレベルのテクニックを持っている人からのアドバイスを踏まえた上で翌週に全日本を控えているチームメイトとともに練習することに。


とにかくテクニックはない自分。

これができない、これが苦手、と言うのははっきり認識しているけど、どうやったらそれが克服できるようになるのか、克服するためにはどう言う練習がいいのか、またいつまでたっても上達できないなら、上達できなくさせている要因の"何か"が必ずあるはずなので、それを紐解く必要もある。


まず自分はコーナーが遅い。

なんともないコーナーでバイク2台分は開いてしまう。

低速であればあるほど起きる現象。

それはつまり、

・コーナーでのスピードが遅い

・コーナー立ち上がりでの加速が遅い

のどちらかなんだけど、コーナーでのスピードがなぜ遅くなるかといったら、そこでペダリングをやめて、惰性のみで進んでいるから、というのが理由の一つとしてある。

惰性が効かないくらい遅いスピードであればペダリングをした方が前に進むわけでこの時点で差は生まれてしまう。


コーナーが遅い要因はコーナー中だけではなく、コーナーへ入る手前の進入の仕方が悪かったりもする。

そのためにはコーナー前に目線を先にやって、どう言うラインで入るか、と言うのを頭に入れてやる必要があって…

コーナー出口のことに関しても同じ。


一つにコーナーが遅い、といっても、そのなぜ?を紐解いてゆくと、何かが悪いのは、その前にあった何かが起因となっている。

こういう分析していって、自分の弱点を潰してゆく。



今回意識した点は3つ。


・コーナーでの目線

・同じくコーナーでのリアへのトラクションの掛け方

・ハンドルへの力の掛け方


テクニック一つとっても、人によっていろんな意識の仕方がある。

やっていることは共通でも、それをするにあたっての考え方や、動きへのイメージというのは人によって違う。

言い方ひとつ変えてみるだけで相手への受け取り方が変わってしまったりもする。


でもそれでもよくて、まずなにかを意識してバイクに乗ってみる。

そうすることでこういう走らせ方もあるんだな、と思えることさえできればまだテクニックの浅い自分にとってはそれで良い。


最初に書いた、コーナーでの目線。

これがまず第一の基本。

前が見えてなくちゃなにも始まらないし、怖くなる。

とは言っても滑りやすい路面で先を見るのってそれはそれで怖いわけで。


この辺は慣れなのかな・・・。



二つ目のコーナーでのトラクション。

"ペダリングをしながらコーナーを曲がる"

ということはつまり、バイクが横に滑ろうとしている遠心力を、前に進む推進力で打ち消している行為にあたるのかな。


自分の経験上、どうも前荷重になりすぎているようで、走っていてリアから滑ったことなんて一度もなくて、いつもフロントからずるっといっている。

ということはやはりこのリアへの荷重が足りてないんだな、と。

最初の目線とも合わせて考えるなら、すぐ近くしか見てないから前に力がかかってしまって動きが硬くなっているんだと思う。

もっと全体を見れるようにすれば肩の力も抜けるんじゃないかな、と。

これまでもなんとなくペダリングしながら、やってたけど、どうもギアが軽すぎるのかその恩恵を受けることはないまま終わっていた気がする。

もう一段、二段、重めのギアでコーナー入ってみるかな。

結果的にコーナーのスピードがそれで早くなれば、出口でもスピードに乗ってるから出口で重すぎるギアだった、ということにはないわけだし。

コーナー出口に向けてスピードを乗せていくイメージ?


矛盾するようなことを言う気がするけど。最後の手の荷重。

路面状況にもよるけど、素早くバイクを曲がるためにはバイクを倒せることが重要になってくる。

倒すきっかけとしてハンドルを曲げるのではなく、右コーナーなら右側の手を地面に押し付ける感じ。

そしてバイクが倒れてる状況の中で体は外側に、アウト側の脚で踏ん張るイメージ。

バイクが9kgだとしてその上に乗っている物体は60kg。

圧倒的に体の方が重いわけで、この体がバイクと一緒の向きに倒れてしまえば一気倒れるのは簡単に想像できる。



タイトターンの連続する区間で、集中的にやってみたけど、この3つを全て意識できた時はものすごくスムースに、そして早く曲がれた。


同時にたくさんのことを意識するなんて人間の脳では難しい。

故に時間をかけて、いいかもしれない。


まぁとにかく、これらを無意識のうちにできるようにひたすらに走り込むしかないんだな、と。

あとは定点カメラを置いて、自分の走りを外から見るとか。

頭の中で意識していることが本当に動きとして出せているのかの確認。




と、まぁ色々書いたけど、以上のことを踏まえながら、ある程度走って、

最後の方はレースペースを意識して4周など。


f:id:chrmnr:20181201223816j:plain



ロクに練習してないごまかし程度で走れる時間でしか強度はあげてないけど意外と体は動いた。

4分切りを肩の力を抜いて、まだ余裕のある状態で走れるようになれれば良い。


ともかく、走らなければ進捗は0のまま!

何かをつかめてもしばらく乗ってなかったら振り出しに戻るから、忘れないうちにまた走りに行く。