K.orihashiの日記。

主にレース後記として。練習記録も書いてゆきます。

スターライト幕張


f:id:chrmnr:20181117103628j:plain


久々のレースとなるのはスターライトクロス。


全日本後、膝に痛みを感じ、ちょうけい靭帯炎と診断されてから2ヶ月ほど。

ストレッチやアイシング、マッサージなど様子見つつ自転車には乗っていたものの改善せず。

しばらくレースから離れようと思ったが、以前と比べて痛みはかなり和らいできたのと、走らないからにはこの先の膝の調子もわからないこともあるので、出走を決めた。

正直なところレースレベルのフィジカルまで持って行けていないのは事実だが、最低限の力は出せるようにやってきた。



スターライト幕張。

過去にはC4、C2にて勝ち上がることができたレース。

道幅も広く、テクニカルな部分はそこまでないので、パワー系有利なコースだろうか。

今回は特にコースのほとんどがドライなこともあり相当ハードなレースになると思う。


MTB系のレースならレース会場までいつも車で3時間以上かかるが今日は自走で30分。

午後の試走時間の1時間前くらいに会場入り。

ゼッケンを装着し

試走を2周したところで空気が抜けていることに気づく。


ペダルの調子も悪く色々調整していたら試走は終了。

久々のレースだからか色々噛み合わない。



招集エリアまで行くのに縁石に気づかず前転するし、スタート五分前にメガネのままなことに気づく。

レースモードになっていないカラダとメンタルに不安感を覚えながらレーススタート。


80名出走しているので走り出せたのは号砲の2秒後くらい。

スタート後は猛烈なダッシュ。ゴールスプリントさながらの圧倒的スピードで47km/hまで上がっていた。


第1コーナー落車が発生し、自分も完全ストップ。

転倒した選手のジャージの袖に引っかかってしまい、復帰に時間がかかる。


かなり空いたがどのみちこの先詰まるので、集団最後尾まではすぐに追いつく。慌てず追う。

最初のシケインを超えたあたりで集団の尾を捉え、芝生セクションでポジションを上げて行く。


20名くらい抜かして忍者返しに突入。

去年はマッドだったためここでかなり詰まったが今回はフル乗車でいけている。

2週目だったか、シケイン後、ペダルキャッチしようとすると、これがうまくはまらない。

ペダルの方からチャラチャラと音が鳴り、いや予感がよぎる。

クリートが外れかかっている。


仕方ないので片足がはまらない状態にて残りを走る。

当然のことながら、徐々にポジションを落としてゆき、

走行時間は40分に満たない-5lapの70位。



膝の方はレース中は全く痛みはでず、

レース後も違和感はあるものの悪化していないだけ安心。

痛みは引いたので、徐々にトレーニング量を戻していき、年明けの千葉シクロクロスを復帰レースに設定することにして走り出すことにする。

f:id:chrmnr:20181119104452j:plain


f:id:chrmnr:20181119104200j:plain