K.orihashiの日記。

主にレース後記として。練習記録も書いてゆきます。

Coupe du japon UCI class3 富士見パノラマ

Coupe du japon UCI class3

富士見パノラマ


-3lap 51位/68人出走


 

スタート直後に発生した落車をきっかけに大きく遅れ、前回の朽木同様-3lap。


コースは比較的易しく登坂距離も長いレイアウト。リザルトを見てもフルラップは多くこれをきっかけに良い流れに乗りたいと思っていただけに悔しさが残る。


スタート直後の落車はうまく避けられたが登り手前で発生した2度目の落車で完全ストップ。

焦りもありコース脇のテープを絡ませ復帰が遅れてしまう。

去年の富士見同様、右端での落車発生後からのほぼ最後尾スタート。

目標の30番手以内というのは諦め前を追うもペースを上げることができないまま終わってしまった。


落車が原因なのは間違いないが他人の落車をなくすことはできない。

スタート後の落車はつきものなので、その対処の仕方の上手い下手もスピードのうち。

復帰は自分次第で早くもできれば遅くもできる。

再乗車する時も滑りやすい砂利を避け、固くしまった路面からスタートするだったしこんな単純なことなんだけど1度焦ってしまうとできなくなってしまう。


登りで巻き返せなかったのはパワー不足だけでなく、コース全体の流れを含めた抜かすタイミングと抜かす際のラインの見極めがまだうまくできていない。

50番手前後の選手たちが固まり始める登り手前で前に出ておくべきだった。


スタート後の落車があったとしても対処の仕方次第ではもっと別の展開があっただろうしもっと上のリザルトを狙えたはず。

レースでしか起こり得ない状況下での動きの改善点を見つけれたのは今回の収穫。


また気を取り直していきたい。



____


今回のレースから、intermax 様よりヘルメットの一般サポートライダーとして

MET リヴァーレを使用させて頂くことになりました。


簡単なインプレッションです。


まずホールド感の良さ。

今まではOGK製のヘルメットを使っていてこれと言った不満はなかったもののフィット感に関してはどうも頭の形に"合わせる"ような使い方だった。


しかしこのリヴァーレだとかぶった瞬間にピッタリとハマる。

頭は小さいほうなのでサイズはS。

これまでぴったりなSサイズに巡り会えなかったのでドンピシャだったのはうれしい。


またエアロを意識されたモデルながら、軽さもさることながら通気性も良く、バランスが取れた製品。


次回のレースからはロードレースが多くなるのでエアロ性能も試していきたいと思う。




METf:id:chrmnr:20180618222652j:plain